無題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国旅行記4 ふれあい

廃墟とうさぎを堪能し、大久野島ホテルに小休止しようと中に入ると・・・

164.jpg

おー激しい。

さすが1月3日である。こんなイベントに出くわしたとなるとそりゃもう


168.jpg

こうなるわけだ。

そして30秒で平らげフロントに飾られている書初めでも見ようと近づいてみる。

170.jpg


うんうん、ちびっ子たちが一生懸命書いたのがつたわ・・・


うん?


170_20130114230455.jpg



棒より玉のほうが・・・(ry


更に・・・・


169.jpg


文字の意味とは裏腹にストレートな作品である。




そんなこんなで大久野島に別れを告げ、


177_20130114225731.jpg

再びフェリーで愛媛県に上陸した僕たち。

ここからはレンタカーなのだが借りれる駅までバス!

の停留所まで徒歩1時間!!

なので海岸沿いをひた歩く。

176.jpg

180.jpg
遊びも大事。

179.jpg


そして途中↑で休憩していると、
第一村人の部活帰りJCがチャリ漕ぎながらすれ違い座ざまに

「こんにちわー(ニコニコ)」

!?




(・・このご時勢、あんなおませなJCたちが男二人組みに挨拶なんてするのか・・?
 考えられる理由は・・・・)


1.愛媛の県民性
2.JCの純粋な心
3.不審者扱い←濃厚!

脳裏で瞬時にそう判断した僕は

できるだけやさしい目(^-^)
マリオのような声のトーンで挨拶し返した。


そして今のでよかったのだろうかと考える最中、更に二人組チャリンコJCが向かってきた。

(・・・どうする!?また挨拶してきたら・・・?どう考えるべきだ??!

実際不審者扱いされるような格好はしていない・・・!

ならば愛媛JCの素晴らしい挨拶運動の習慣と捉えるべきか・・・!?

しかしそうこちらに都合のいいように捉えているだけなのかも・・・?!

JCに不安を与える存在になっていたら・・・?それだけは避けたい・・!

だめだ・・きやがった・・・!!)


JC「こんにちわー(ニコニコ)」

僕ら「こんにちわ(^-^)」


挨拶をし終える頃、僕はそんなふざけた考えをするのはやめた。

なぜならその愛媛JCは、
毎日食べているであろう愛媛蜜柑によってかは知らないが、
その透き通るかのような綺麗な肌を以ってして邪念なき笑顔をこちらに向けていることに気づいたからだ。


どうやら僕は東京という大都会に呑まれてしまっていたようだ。

東京の人は冷たい。そう思っていた僕自身がいつの間にか冷たい人になっていた。

行為を好意として捉えることが出来なかった・・・!

そんな荒んだ心を、愛媛JCは気づかせてくれた。

そして取り戻してくれた。ありがとう愛媛JC。

いつまでも蜜柑を食べて、その透き通った肌と心でいてくれ・・・!


そんな愛媛JCとのささやかなふれあいを後に・・・

我々はバスに乗り当初の目的地、今治駅へと到着したのであった~
スポンサーサイト

四国旅行記3 うさぎ

感じることさ。

それが全てさ。



それだけでいい。


ただ、願わくばもふもふしてほしい。



それだけで、いい。


035_20130110095333.jpg
海を見つめる

041_20130110095337.jpg
レンズに興味深々

054_20130110095339.jpg
澄んだ瞳

095_20130110095342.jpg
ガッパ君蹂躙

101.jpg
                   /きたか!?\ ガダッ
114.jpg
眠たげ

121.jpg
おったってぃー

123.jpg
花ウサギ

128.jpg
右手を出せば群がるかわいこちゃん

143.jpg
ベストかわいこちゃん

153.jpg
ガッパ君蹂躙セカンドシーズン

158.jpg

もっふもっふ。

広島 大久野島

大久野島に訪れた理由、

ひとつはウサギをもふもふすること

そしてもうひとつは言わずもがな廃墟である。

むしろそっちがメインである。ありたかった。


しかし現実ウサギたちの誘惑に負け、

廃墟が完全におまけと化してしまったので、

おまけな感じでお伝えしようと思う。

ではいってみよー

023_20130114215304.jpg

これは毒ガス貯蔵庫的な。


024.jpg

その窪み、貯蔵。





次ー!!!



039_20130114215310.jpg

わ、忘れちゃった的な。

042_20130114215313.jpg

右の階段!これね!砲台跡!



次ー!!!

063_20130114215406.jpg


屋根なし火薬庫選手権グランプリの建物


058_20130114215315.jpg


こんな場所にも・・・??


061_20130114215402.jpg


もっふうううううううううううううううううううううううううう
ふう・・・


次。



070_20130114215409.jpg


大久野島といったらココみたいな雰囲気がある有名なやつ!



073.jpg


その窓、有名。


はい終わりー!!

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

四国旅行記2 上陸

今回の旅のお供!イカれた奴らを紹介するぜ!!!


026.jpg

N氏・・今回の旅の企画運営その他もろもろ99%を担った人物。今回の旅での口癖は「あ゛ぁ゛-・・・!」(感じているらしい)



224_20130109012243.jpg


左 通称「トリ」・・N氏の相棒。3度紛失しそうになるも無事生還したサバイバー。
右 通称「ガッパくん」・・僕の相棒。かつて湯西川あたりでもらった可愛いヤツ



そして・・・



348_20130109012908.jpg

めざし(僕)

以上4人でお送りする四国旅行記!


前回おじいさんと別れ広島に到着した僕たちは、満喫で一夜を過ごし



012_20130109211430.jpg


早朝フェリーで大久野島へ向かうのだった。



※大久野島

「地図から消された島」や「毒ガス島」などと呼ばれ、第一次世界大戦以降の化学兵器製造の実態を今に伝えている。また近年では多数のウサギが生息することでも知られ、ウサギ島とも呼ばれる。(wikipedia参照)

要するに戦時中においての兵器製作所があった島である。



013.jpg

清清しい朝日と味のある看板

014_20130109211435.jpg


フェリー初乗り!!(片道300円)



016_20130109211437.jpg

およそ10分ほどで到着!

ちなみに写真の方々が手に持つビニール袋は全て

うさぎのエサである。


さて、着いたことだしとりあえずレンタルチャリでもしようと歩き始めた矢先・・・



019.jpg


・・・・・・・・ッッッ!!!!!!!


フォカヌポゥ!!!


到着2分で既にシャッターの嵐である。

しかし、カメラに夢中になっていた俺は
背後から近づいてくるもう一人の仲間に気づかなかった・・・!!


020_20130109211552.jpg

コヌルポォッッ!!!!!!!!


こうして前兎多難な島巡りが始まったのであった・・・



続く


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
↑そのクリックが、めざしを救う。

四国旅行記1 出発

新年早々!!

4泊5日青春18切符で広島まで行き、四国の北の方とうどんを満喫しちゃおう!の旅!

に行ってきた!!



―2013年1月2日 AM5:30

そこには眠い目を擦りながら電車に揺られるめざしの姿が・・・

さあ始発で愛すべき埼玉を出発!!!!

ガタンゴトン東京~
ガタンゴトン神奈川~
ガタンゴトン静岡~
ガタンゴトン愛知~

PM1:00 豊橋着いたー!カレーはうどん食うかー!!
    食ったー!うめー!


ガタンゴトン岐阜~
ガタンゴトン京都~
ガタンゴトン大阪~
ガタンゴトン兵庫~

PM7:30 姫路だー!夜飯食うかー!おでんが有名らしい!食おう!

あれれ!!
年始!!どこもやってない!
どーしよう!!チェーンぽい居酒屋!
ここでいいかもう!!


???「こんなとこで食べたらあかんで」


俺「!?!?!?!?」


振り返るとそこにはチャリンコを押すじーちゃんがいた。


G「なんやおでん屋ー探しとるんか?」

G「おでんゆーたらなーおじちゃん美味いとこ知ってるんやけどなー」

G「ここはアカンで。姫路のおでんやないこんなとこはー」


(め、めちゃめちゃ話しかけてくる・・・・!!!


僕「ど、どこにありますかね?おすすめ!!」

G「あんなーヤマトヤシキんとこガーいってワーいったとこにあるわ!」

僕「ヤ、ヤマトヤシキ!」


(わ・・・わからない・・・!!!)


僕「この辺結構回ったんですけどどこもやってないんですよー」

G「・・・ほんだらな、ヤマトヤシキんとこガーいったとこ!ここは姫路のおでんやで!」



(・・・・ヤマトヤシキ推し推しだな・・・でっかい地主さんの家なんだろうか・・
 はたまた怪しげな店なんだろうか・・・でも結構オカタそうな感じだから・・・
 やっぱ豪邸なのかな・・・ヤマトグループの総本山とかなのかな・・・
 観光スポットだったら行って見たいな・・・でも時間ないな・・・
 気になるから聞こうかな・・・でもめっちゃおでんトークしてくるしな・・・)



G「なんやーおでん食べたいんかいなーどっかあったっけかあー?」

僕「まあでも年始だからどこもやってないですよねえー」

G「ヤマトヤシキんとこはいったんかいな?」



(ああああああああもうも我慢できねええ聞くよ?聞くよ?)




僕「ヤ、ヤマトヤシキってなんですか?」

G「あ?ああ、でぱあと」



・・・ヤマトヤシキ=デパート


ヤマトヤシキ≠総本山・・


YAMATOYASHIKI IS DEPART!!!!




キタ━━━━━━━━;y=ー( ゚д゚)・∵.━━━━━━━━ン!!



― それ以来僕は今でもヤマトヤシキを忘れられないでいる。

あの時の衝撃はテクノブレイクの意味を知った時の感動に似ている。

その後おじいさんと一時間ほど姫路を練り歩いたが

結局おでんやは見つからず、

こうなったらたこ焼きと駅弁買って出発しろと言われ

言われるがままにした。

実際それが正解だった。


姫路に60年住んでいるというおじいさんは

兎に角めちゃめちゃ優しかった。

別れる時一緒に写真撮りましょうと言ったら

最高の笑顔で応じてくれた。

旅の出会いというものに初めて触れた瞬間であった。

姫路にはまた行かなくてはと、強く感じた。

今度はおでん食べにくるんで、ご一緒しましょう。

そういって別れを告げた。




そしてガタンゴトン広島・・・・

ここから始まる・・


廃墟とうどんとB級スポットと自販機(笑)のカンタービレ!!!!


続く

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

茨城 ブラックマンション

茨城廃墟シリーズ第二段!ブラックマンション!






111.jpg



真の男は黒に染まるように、

真の廃墟もまた漆黒に染まる・・・。


086_20130107205901.jpg


それはまるで、

廃墟界に舞い降りしルシファ~



097.jpg


インスピレーションが俺に語りかける・・・


088.jpg


ここでHIDE & SEEK(かくれんぼ)をしたいと・・




108.jpg


POLICE & THIEF(ケイドロ)もしたいと・・・



104_20130107205935.jpg




無意味な斜め撮り・・・


096.jpg

翼をもがれた黒き天使は今もIBARAKIに佇み続ける・・・


072_20130107205857.jpg






この記事と同じくらい意味がわからない・・・






にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

↑ここがウワサの・・・?

豊橋 玉川本店

今まで廃墟、B級スポット(記事少ない)、自販機(記事ひとつ)、動物(ひとつ)に手を出してきた

めざしカンタービレが遂に新ジャンルに挑む!!!!


そのジャンルとは・・・・!!!

002.jpg



THE☆グルメブログ!

これすなわち!!

煙草とペヤングとマックのチキンクリスプ

こよなく愛するグルメ通めざし

味覚障害と闘いながらさまざまな食べ物をレビューしてしまおうという試み!




今回ご紹介するのは愛知県は豊橋市にある「玉川うどん本店」

である。


四国旅行の行き電車にて豊橋駅を経由する際、

「豊橋カレーうどん」なるものがあることを知った僕は

とりあえず下車し、うどん屋を探した。


あいほんマップには駅近でも5,6件ヒットしたので近い所に行ってみた。



はいいもののこの日は1月2日。



いつもは賑わいを見せているだろう商店街も

まるで大型ショッピングモールに客をとられてしまったかのような

閑散とした光景が目の前に広がった。


そんな中唯一営業していたのがこの「玉川うどん本店」である。


005_20130107002231.jpg


着いたときには5.6組の待ちの客がいたものの、

驚くべきはその回転率

ものの10分で案内された。

早速豊橋カレーうどん(880円)を注文してみる。


001_20130107002234.jpg


豊橋カレーうどんは、
・うずらの卵が乗っている
・どんぶりの底にはご飯、とろろが沈んでおり
・麺がなくなると丼の底をかき混ぜ残ったスープをご飯で頂く

というのが特徴らしい。


ではいただいてみよう。

カボチャの素揚げの甘みとカレーうどんの辛みの中和効果で味の奥行きが宝石箱である(?)

多少の辛さはあるがウズラの卵と一緒に食べることでその辛さがマイルドになる。
また通常のカレーうどんよりもドロドロとしていて麺との絡みが良い。
麺をたいらげ、かき混ぜてみると底に沈んでいたとろろの効果でカレーは更にとろみを増す。
そのとろみを増したとろろカレーとご飯で残りを頂けば、
カレーの汁を飲むということなく

004_20130107002238.jpg

この通りである。


多少値は張るものの

うどんを食べ終わっても余ったカレーでご飯を食べれるという素晴らしい発想に僕は感激した。


デザートのみかんも中々甘くて美味であった。


年中無休、安心と信頼の「玉川うどん本店」

とてもいい店であった。
プロフィール

めざし

Author:めざし
めざしです。
廃墟や素敵な場所に行ったことを
楽しく綴っていくブログであるはずです。

好きな場所:廃病院
好きな魚:アジとほっけ

当ブログは魚のめざしとは何の関連性もありません。
めざし目的で来訪された方、申し訳ありません。
(注)廃墟探索における被害、損害は全て自己責任です。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。